これを読んで毛穴を綺麗に!引き締め対策ご紹介

a12
毛穴のお悩みを抱えてる方、少なくないと思います。
毛穴トラブルがあるとお化粧で隠れなかったりして気分が下がりますよね。
そんなトラブルの原因と対策をご紹介しますので、自分の毛穴タイプに合った対策をして毛穴レスを目指しましょう!
毛穴とは皮膚表面にある窪みです。
窪みには毛が生えていて、外部からの最近などから守ってくれたり、汗を出して体温調節などをしてくれる大切な器官なのです。

毛穴トラブルの種類

私達を悩ませる毛穴トラブルの種類にはどのようなものがあるのでしょうか?

黒ずみ

毛穴の汚れが紫外線により酸化して黒くなったり、外部からの刺激による色素沈着がおきている状態です。

オイリー

皮脂が過剰に分泌され、毛穴が詰まっている状態です。

インナードライ

肌の水分量が少なくなっているために補おうとする力が働き、過剰に皮脂を出してしまっている状態です。

たるみ

ハリがなくなり毛穴が伸びてしまっている状態です。加齢などにもよりますが、紫外線や乾燥が原因の場合も!

毛穴が開いてしまう原因

毛穴の開きってすごく気になりますよね。
毛穴が開いていると汚れが溜まりやすかったり、お肌がキレイに見えなかったりします。
毛穴が開く原因はどんなものがあるのでしょうか。

間違ったケア

毛穴パック

毛穴に詰まった角栓を一気に取り除いてくれる毛穴パック。ごっそり取れるので病みつきになりますよね。
でもこの毛穴パック、実は毛穴の周りの角質層まで取ってしまうのです。

角質層はお肌の水分と油分のphバランスを保ってくれたり、紫外線や最近などからお肌を守ってくれる役目があります。そのため、パックで角質層まで取ってしまうと水分を補おうとしたり、外部からの刺激を修復しようとする力が働き、角栓が出来やすくなったりポッカリと開いた穴に汚れも溜まりやすくなり、毛穴が目立ってしまうのです。

他にも専用のスティックや指などで角栓を無理矢理取るのも同様です。

あぶらとり紙

皮脂が気になってしまい、ついつい使ってしまいますよね。
すごく取れるのは気持ちがいいのですが、皮脂を取り過ぎる事でお肌の水分バランスを崩してしまい、毛穴の開きにつながってしまうのです。

熱いお湯での洗顔

お湯での洗顔は毛穴の汚れを取るために有効ですが、その温度が高すぎてしまうと肌の水分を取り過ぎてしまい、皮脂の過剰分泌の原因になり、毛穴が開いたままになってしまいます。

乱れた生活習慣

ファーストフードなどの油っこいものや甘いものは、皮脂を多く出し毛穴を開かせる原因の一つです。
睡眠不足や胃腸のトラブルなども新陳代謝の低下を招き、毛穴トラブルにつながります。

3つの毛穴引き締め対策

では、すでに開いてしまった毛穴はどうしたらいいのでしょうか。
ここでは簡単な引き締め対策を3つご紹介します。

炭酸水でケア

炭酸には毛穴の汚れや皮脂などを落とし、毛穴を引き締めてくれる効果があります。
さらに血の流れを良くしたり、アンチエイジング効果も!
弱酸性でお肌に優しいのも嬉しいですね。

・炭酸水パック
大きめのコットンに炭酸水をひたひたになる位まで濡らしたら、顔に張り付けるようにして5分程置いて下さい。

・炭酸水洗顔
洗面時のすすぎに使ったり、炭酸水を入れた洗面器に顔を浸すのもオススメです。

収れん化粧水

収れん化粧水には毛穴を引き締めてくれる効果があります。
ひたひたにしたコットンで十分にパッティングしましょう。

冷やす

洗顔後に化粧水や美容液でケアをした後、よく冷やした保冷剤や氷で毛穴が気になるところに当てていきましょう。
ガーゼや手ぬぐいなどで保冷剤や氷を巻いておくと、冷たすぎないのでいいでしょう。
根気よく続けることで毛穴がキュッと小さくなります。

正しい洗顔方法

ところで、毎日の洗顔キチンと洗えていますか?
正しく洗えていないと、汚れが落ちきれていなかったり、お肌のphバランスを崩してしまいがちです。
ではここで正しい洗顔法を再度確認してみましょう。

洗う時はぬるま湯で洗いましょう。理想は32℃~36℃がベストです。(人肌~少し低いなと思う位が目安です)
たっぷりの泡で優しくマッサージするように洗いましょう。
※洗う前にスチームやレンジでチンした蒸しタオルを顔に当て、毛穴を十分開かせるとより効果的です。

正しい洗顔法をした上で毛穴引き締め対策をすることが大切です。

種類ごとの毛穴対策

黒ずみ

触るとザラザラしている場合は毛穴の汚れが原因です。
クレンジングと正しい洗顔法で毛穴の汚れをしっかり取り除きましょう。オイルマッサージも効果的です。

触るとツルツルしている場合は色素沈着の可能性が高いです。
ピーリングや美白化粧品を取り入れ、肌の新陳代謝を活発にしましょう。

オイリー

油っぽいものや甘いものを控え、ビタミンや食物繊維・青魚を積極的に摂るようにするなど食生活の見直しや十分な睡眠といった規則正しい生活を心がけて、皮脂コントロールを意識しましょう。

インナードライ・たるみ

どちらも乾燥対策を念入りに!
肌の保水力を下げないために、刺激が少ないクレンジングや洗顔料に切り替えたり、洗顔してから時間を置かずに化粧水や美容液をお肌によく浸透させ、クリームでしっかりフタをしましょう。
化粧水もなるべくアルコールフリーで保水力があるものがオススメです。

スキンケアと併用して、食事を意識するのも大切です。
・お肌を作る元となるアミノ酸(肉・魚・乳製品など)
・お肌の水分量を保つムチン(納豆などのネバネバ食品)
・ビタミンやミネラル(フルーツなど)

また、たるみには保湿と合わせて紫外線対策も大切です。

紫外線対策

紫外線は多かれ少なかれ1年中振っています。
日差しの強い日はもちろんですが、曇りの日も多いのです。
日焼け止めのクリームやUVカットの帽子やマスク・日傘などを併用すると効果的です。

最後に

毛穴トラブルはすぐに小さくなったり目立たなくなるものではありません。
肌の新陳代謝を促し、キメを整えたり、phバランスも正常に戻す必要があるので、毛穴ケアは根気よく続ける事が大切です。
毎日の積み重ねで毛穴レスのお肌を目指しましょう!